名探偵コナン 考察DC

1000話おめでとう

考察File10: 絶対に見たくなる灰原哀の可愛いところ!!

  

f:id:kazus48:20161010171544j:image

 

こんにちは。 

記事のランキングを見る感じではラムに関しての考察が1番需要ありそうなんですが、ラムはもうこれ以上書けそうなことがないですね!笑  少し時間があったので、ありとあらゆる方のラム予想見ましたがなかなか「絶対これ正解やん!」みたいにピンと来るものが1つもありませんでした...。

とにかく今は新しい情報待ちといったところです。

 

 

とりあえず2日に1回っていうめちゃくちゃな更新が続けられていることが奇跡です。

 

 まあでも更新を待ってくれている方もいるみたいなので頑張ります

 

f:id:kazus48:20161010185125j:image

 

 

 f:id:kazus48:20161010184932j:image

 

 

 f:id:kazus48:20161010191553j:image

                    ↑更新を待ってくれている方たち

 

クソコラのゴリ押しがいつまで持つかが心配になってきました。

 

さて、今回は哀ちゃんこと灰原哀の可愛さについて考察したいと思います!

たくさんあるのでどんどん行きます!

 

 

 

おみくじでものすんごいドヤ顔しちゃうところ

f:id:kazus48:20161010164205j:image

最近の灰原さんは初期の灰原さんと比べると本当に表情豊かで見ていて楽しいですね。昔の灰原さんだったらおみくじ引くことになっても「悪いけど私パス...」の一言で流してても不思議じゃなかったです。笑 灰原さんがこんなドヤ顔できるようになって私も幸せです。(違

 

ミステリアスさとのギャップがあるところ

f:id:kazus48:20161010163446j:image

どことなくミステリアスな雰囲気を醸し出してるかと思いきや、光彦がつけてるイヤホンを聴くために、いきなりグッと近づいたりもします。このギャップがいいのです。このギャップいいのです。(2回)

元の体に戻って灰原さんいなくなった時の光彦君はいったいどうなってしまうのでしょうか。

 

 

演技派なところ

f:id:kazus48:20161010165313j:image

               伝説の名シーン

映画「探偵たちの鎮魂歌」で蘭や少年探偵団に仕掛けられた爆弾が作動しないように一芝居うってその場に止めさせました。

 「ずっと側にいてね...最高ですハイ。本当にありがとうございました。演技派ですね。灰原さんの中でも屈指の名シーンだと思います。言いたいことそれだけです。

 

 

 

演技派なところ(その2)

 f:id:kazus48:20161010170443j:image

コナン「演技派にもほどがあるぜ!」

実はピスコの件の時にもう1人組織の仲間がいて私が生きている事がバレた、博士を人質に取られているから撃つ、パン!!...だったらどうする?という流れ。実際あの容疑者の中にクリス・ヴィンヤードがいて...という事でしたね!

 

 

  

急にいろいろ変身したりするところ

f:id:kazus48:20161010170844j:image

私「ネクストコナンズヒント、ばんざーい!!!」

 

 

博士に厳しいところ

f:id:kazus48:20161010172209j:image

哀様「メタボオヤジに決まってるでしょ?」と怒る。

博士を気遣っての愛の鞭というわけですね。厳しさと優しさをあわせ持っている哀様可愛いですね。

 

え? てか何! 

ヽ(`Д´)ノ哀様こんな顔文字使ってるの!?可愛いんだけど!!

 

 

 コナンの事をす、す、好...

f:id:kazus48:20161010173017j:image

歩美「好きなの?コナン君のこと...」に対して「彼の事そういう対象としてみてないから」とのこと。

あれれ〜〜?本当かな?

青山先生の世良と灰原の対決が〜の下りもあるんだけどな〜〜。

まあいいや、それなら私にもワンチャンあるってことで...

 

 

f:id:kazus48:20161010174149j:image

 

※ないです。

 

 

はい、こんな感じです!哀ちゃんの可愛いところを改めて分かってもらえたでしょうか。もっと紹介したかったんですが画像が増えると重くて...笑

 そろそろバーボン、スコッチあたりを書けたらいいなと思います。後は、サンデーの方で新しい探偵が登場するみたいなのでそれについて書けたらいいかな?ここまで読んでいただき、ありがとうございました!